証券口座の開設方法 (例)マネックス証券の場合 - ハピタスで節約とお小遣い稼ぎを目指すブログ

証券口座の開設方法 (例)マネックス証券の場合


この記事ではハピタス経由での口座開設の手順を記載します。

証券会社によって、開設方法が異なる部分もあるかもしれませんが、複数の選択肢があった場合どれを選んだら良いのか迷われる方もいらっしゃると思いますので、その際の参考にして頂けたらと思います。
※例として「マネックス証券」での口座開設方法を案内します。


①ハピタスのサイトから口座を開設したい証券会社を検索して「ポイントを貯める」の部分をクリック。

ハピタス


下記のような画面に移動します。
※証券会社のサイトの内容は随時更新される為、画像の通りの画面とは限らない

ここで「閉じる」をクリックすると証券会社のサイトの先に進む事が出来ます。
※内容としては、直前のサイト(ハピタスのサイト)は証券会社のサイトとは関係がありませんよという事を注意喚起しています


ハピタス



③証券会社のサイトに進み、表示されている証券会社のサイト内にある口座開設のボタンをクリックする。

ハピタス



④次のページで口座開設の為の内容を記入・選択する。


ハピタス



画面上部にある約款などを確認します。
名前・住所などを記入します。
メールアドレスや電話番号は、家族を含めて誰も登録していないものを登録する(重複する場合は借名取引の可能性がある為、口座開設や取引が出来ない場合がある)
※借名取引に関してはこちらのサイト(別サイトに飛びます)を参考にして下さい


ハピタス


「入金先金融機関」は、口座に入金する時に振込で入金する場合(他の入金方法もあります)の振込先にしたい金融機関を指定します。

「暗証番号」は、忘れないような4桁の番号を設定下さい。

「特定口座」は、「開設する(源泉徴収あり・配当等の受入あり)」の選択肢を選ばれた方が無難です。
※この選択肢を選ぶと、もし株の取引をして利益が出た場合でも、証券会社が収益が出た分の税金分の割合を代行徴収してくれるので確定申告は不要です。また株を持っていて、配当金を得る事が出来る場合でも証券会社の口座に配当金が振込まれるので、わざわざ金融機関にいって配当金を受け取る必要がないので便利です。

確定申告をする必要がある場合は、 「開設する(源泉徴収なし)」を選択すると良いでしょう。
※株の取引をしない場合は、どれを選択しても構わないですが、今後何かのキッカケで株の取引を始めるかもしれないという場合は、後々変更するのは手間がかかるので、「開設する(源泉徴収あり・配当等の受入あり)」を選んでおいた方が無難でしょう。

「反社会的勢力でないことの確約に関する同意」に関しては良くお読みになり、チェックボックスにチェックをして下さい(ここはチェックしないと口座開設出来ないのでチェックで良いと思います)


ハピタス



「あなたと上場会社との関係」の項目は、上場会社の重要な事象を知り得る立場にあるかどうか選択肢です。
この選択肢はインサイダー取引を防止する為にあります。口座自体は開設は出来ると思いますが、該当する企業の銘柄の取引は規制されると思います。
ご自身で判断が難しい場合は、証券会社に直接確認させた方が無難だと思います。

入力事項はここまでです(上場会社のと関係がある方はどの企業と関係があるかを入力する画面に移動します)


⑤画面下部に「次へ」のボタンがありますので、そこから次の画面に進むと、入力や選択した内容の確認画面に移動しますので、内容に間違いがなければ「この内容で申込む」のボタンをクリックします。

これでWEB上での操作は完了です。


⑥後日、証券会社から口座開設の為の書類が届きますので、書類に署名・捺印して、本人確認の書類を併せて送付します。

⑦証券会社より、ログインする為の情報が書かれた書面、取引ガイドなどが届きます。


大まかな流れはこのようになります。


【関連記事】
「口座開設後、口座へお金を入金する方法」の記事



↓こちらからのご登録で30ポイント貰えます↓
日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス
※更に入会者限定のスタンプラリーの条件クリアで100ポイント貰えます







  ↓こちらからも新着記事をご確認いただけます↓ 












当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます